MENU

30代男性の育毛剤の選び方について

30代 育毛剤 男性

育毛剤の使用を開始するのは、30代の男性がもっとも多いと言われています。
30代と20代の頃を比較すると、薄毛の症状はさらに進行し、頭頂部は薄くなり、前頭部の生え際は徐々に後退していきます。
30代の薄毛の症状は、頭頂部か前頭部のどちらかが5割強、頭頂部と前頭部の両方が約3割、全体的な薄毛が約2割です。
まずは、30代の育毛剤選びに大切な要素を確認していきましょう。

30代男性の薄毛の症状と対策

男性ホルモン(DHT)を抑制する

毛乳頭内にある2型5αリダクターゼという活性酵素と、頭髪全体にあるテストステロンという男性ホルモンが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変化します。
さらに、DHTはレセプターと結合し、退行誘導因子を生成します。
この退行誘導因子が髪の毛の成長に欠かせない毛母細胞を弱らせ、抜け毛を増加させるのです。
30代の育毛剤選びでは、DHTを生成させないことがもっとも大切な要素です。
DHTを抑制する成分は、キャピキシルやヒオウギエキスなどが有効とされています。

血行促進で毛母細胞を活性化する

DHTを抑制することによって、毛母細胞の弱体化を防ぐだけでは、まだ物足りません。
血行促進によって、毛母細胞を活性化させる必要があります。
ピディオキシジルやキャピキシルには強い血行促進作用があり、毛母細胞の活性化に大きな期待を持てます。
また、センブリエキスやニンジンなどの生薬も血行促進に期待を持てます。
ミノキシジルにも大きな効果を期待できますが、副作用の危険性が高いので、当サイトではおすすめしていません。

30代男性のおすすめ育毛剤ランキング!

30代男性の育毛剤ランキングです。ぜひ参考にしてください。

30代 育毛剤 男性 ランキング1位チャップアップ
30代育毛剤ランキング1位公式サイト

チャップアップは年代を問わず、多くのユーザーから支持されている超人気育毛剤です。
DHTを生成する2型5αリダクターゼの働きを抑制する、オウゴンエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキスを配合。
血行促進作用のあるセンブリエキスやM-034などを中心に12種類配合しています。
その他にも育毛効果のある成分を合計47種類も含まれています。
値段も比較的安価なため、継続使用しやすいのも大きな魅力のひとつです。

価格 容量 評価
7,400円〜
(税込)
120ml 30代男性育毛剤1位
詳細を見てみる >>公式サイトをチェックする
30代 育毛剤 男性 ランキング2位フィンジア
30代男性育毛剤ランキング2位

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルが配合された育毛剤です。
キャピキシルはミノキシジルの約3倍の育毛効果があると言われ、ピディオキシジルはミノキシジルとほぼ同等の効果があるとされている育毛成分です。
ピディオキシジルはミノキシジルにとても良く似た成分で、ミノキシジルと同様に、高い血行促進作用があり、30代の薄毛改善に大きな期待を持てます。

価格 容量 評価
9,980円〜
(税込)
50ml 30代育毛剤2位
詳細を見てみる >>公式サイトをチェックする
30代 育毛剤 男性 ランキング3位BUBKA
30代男性育毛剤ランキング3位

BUBKAはチャップアップと同様に、M-034を主成分にした育毛剤です。
チャップアップと違うのは、M-034no配合量が60%増量している点にあります。
高濃度配合されたM-034が高い血行促進効果をもたらします。
また、独自の「Bounce Active4」により、頭皮糖化減少を抑制。
ノンアルコール製法で仕上げているので、敏感肌の30代男性でも安心して使える育毛剤となっています。

価格 容量 評価
初回5,980円
(税込)
120ml 30代育毛剤3位
詳細を見てみる >>公式サイトをチェックする