MENU

育毛剤における医薬品と医薬部外品の違いとは?

医薬品と医薬部外品の違い

医薬品は医師の処方によって使用が認められ、薄毛改善に一定の効果があるものを指しています。 使用量を誤ると、身体に危険な副作用を及ぼす可能性が非常に高く、気軽に使用してよい育毛剤ではありません。


医薬部外品の育毛剤は、医薬品と比較すると緩やかな効果になり、劇的な変化がない分、副作用の危険性もほとんどありません。端的に言えば、有効成分が配合されていても、効果があまり強くなく、人体に危害を及ぼす危険性もほとんどありません。


1日の使用量に明確な基準はなく、販売元のメーカーが推奨する使用量を守っていれば、育毛効果に期待できます。 また、医薬品は処方箋が必要な場合が多く、処方箋がない場合でも、薬剤師がいるドラッグストアでしか購入できません。

医薬品の分類について

医薬品はOT

処方箋が要らない医薬品のこうを総じてOTC医薬品と呼びます。 OTC医薬品には、パッケージにOTCのロゴなどが記載されています。


OTC医薬品は第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に分類され、数字が若くなるほど、高い効果と危険な副作用が潜んでいます。 育毛剤で第一類医薬品に登録されているのは、現在のところリアップだけです。


以前は、薬剤師のいるドラッグストアでしか購入できませんでしたが、平成24年の法改正により、インターネットからも購入できるようになりました。 現在は、リアップシリーズの全てをネット通販などで購入することができます。

育毛剤は医薬部外品が圧倒的に多い理由

医薬品で死亡者

育毛剤の大半を占めているのは医薬部外品です。 リアップのように第一類医薬品に認可されている育毛剤は他にありません。


と言うのも、育毛剤の副作用が危険性が高く、リアップ開発過程で死亡者も出ています。 「死ぬ気で髪の毛を生やす」という強い気持ちは大切ですが、本当に死んでしまう可能性がある育毛剤はおすすめできません。


当サイトで紹介している育毛剤は、全て医薬部外品に指定されている育毛剤です。 リアップのように劇的な変化はありませんが、長期間使い続けることによって、薄毛改善に大きな期待を寄せることができます。


短期間で結果を求めようとすると、危険な副作用が出る可能性が高くなります。 育毛剤を使う際は、長期間使い続け、長い目線で結果を求めることをおすすめします。


副作用のない育毛剤を見てみる