MENU

男性ホルモンの抑制がAGAに効果的な理由とは?

育毛剤 男性ホルモン

男性型脱毛症(AGA)に効果的と言われる育毛剤は、男性ホルモン抑制作用があります。
男性型脱毛症が起きている部位には、必ずジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる強力な男性ホルモンが高濃度で分泌されています。
このジヒドロテストステロンこそが、男性型脱毛症を引き起こしている根本的な原因なのです。

強力な男性ホルモンDHTが分泌されると頭皮はどうなるの?

育毛剤 男性ホルモン抑制

まず、DHTについて簡単に説明します。
頭皮に広く分泌されている、男性ホルモンテストステロンと、活性酵素の2型5αリダクターゼが結合すると、DHTと呼ばれる強力な男性ホルモンに変化します。


DHTは皮脂の分泌を過剰に行い、髪の毛の成長に欠かせない毛母細胞の働きを弱体化させます。
これによって、髪の毛のサイクルは乱され、脱毛がどんどん進行していくのです。


DHTを抑制するには、5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害しなくてはいけません。
そのため、現在販売されている育毛剤のほとんどの男性ホルモン対策は、5αリダクターゼの働きを阻害する作用があるタイプになります。

男性ホルモンを抑制する成分とは?

育毛剤 男性ホルモン抑制 成分

医薬部外品の育毛剤に配合されている男性ホルモンを抑制する成分は、オウゴンエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキスや冬虫夏草エキスなどがあります。


広く使われているのはオウゴンエキスになり、チャップアップBUBKAイクオスに配合されています。
冬虫夏草エキスはWAKAに配合されており、いずれも男性ホルモン抑制作用に大きな期待が持てます。

男性ホルモン抑制作用のある育毛剤の比較

以下は男性ホルモン抑制作用のある育毛剤の比較データです。


  オウゴンエキス ヒオウギエキス 冬虫夏草エキス
チャップアップ X
BUBKA X X
イクオス X X
WAKA X X

上記のとおり、男性ホルモン抑制成分をもっとも配合しているのは、チャップアップということになります。 男性型脱毛症でお悩みなら、チャップアップの使用をおすすめします。


抗男性ホルモン育毛剤を見てみる